今度のPotluckは豪華メンバー? 日本からは群馬も参戦

明日の朝マッチングのポットラックは「当たり」かもしれない。というのもCWLプレーオフに出ていない強豪クランの参加が見込まれるからだ。

現時点のゲストリストではクラン数が54。日本からは先日お伝えしたガイハジ、感謝、クラチャンに加えて、群馬帝国遠征軍(Gunma SAMURAI)の参加も予定されている。

各階級の注目クランを見ていこう。ヘビー級(TH11:5/TH10:12/TH9:23)にはCWLシーズン2で招待リーグに入るPwCとMariana Trenchが参戦する。特にPwCは先日の対戦でWar Whalesを破っており、どのような戦いぶりを見せるのか要チェックだ。

クルーザー級(4/10/16)には同じく招待リーグのPigeonismとMidwintersが参加予定。日本勢はクラチャンと群馬の名前がある。ポットラックは野良マッチのため対戦相手は運次第だが、ぜひともINVITE組とのマッチングを願いたい。ビッグネーム相手に結果を残せば、CWLプレミア及びライトリーグの選考にもプラスとなるはずだ。

ミドル級(2/6/22)はTH構成が軽いこともあって、参加クラン数は最多だが知名度はいささか落ちる。CWLシーズン1の100% Adults、CWLLのCode Enigmaといったところが注目だろうか。日本からはガイハジと感謝が参加を予定している。

ウェルター級(TH10:4/TH9:26)は5クランしかエントリーしていない。いつも参加数が少ないため、この階級は廃止が噂されている。

CWLプレーオフの裏番組が、対戦カード次第では表を食うかも?

アチャコ

アチャコ