【コラム】TH9全壊アタックにおけるクイヒーの貢献度に対する考察

TH9以上において、全ユニット中最長レベルの射程と最強レベルの攻撃力を兼ね備えるアーチャークイーンの後ろに数体のヒーラーを追従させる、”クイヒー”と呼ばれる戦法がある。ラヴァ+バルーン、ホグ、バルキリー、ドラゴン等々様々な種類のユニットと組み合わせる事が可能で、愛用するプレイヤーは数多く存在する。

 

クイヒー+αの戦術は数々のブログや動画で紹介されている。しかしながらクイヒーの全壊アタックへの貢献度はどの程度のものなのかを具体的な数値で紹介しているものはあまり見かけたことがない。

 

そこで今回、TH9に対象を絞り”TH9全壊アタックにおけるクイヒーの貢献度に対する考察”と題して記事を書かせていただいた。

 

まず、『何をクイヒーの貢献度とするか』を定義させていただく。ここでは、”クイーンが壁を除く施設を射撃した回数”を有効射撃回数、”クイーンのみで100%破壊を達成するのに必要な射撃回数”を完全破壊射撃回数と定義し、その上で

 

(有効射撃回数÷完全破壊射撃回数)×100=クイヒー貢献度[%]

 

と定義することとした。たとえば、完全破壊射撃回数が400で有効射撃回数が80だったならば、クイヒー貢献度は(80÷400)×100で、その値は20%となる。

 

完全破壊射撃回数は、各施設を破壊するのに必要なクイーンの射撃回数をすべて足し合わせることによって算出した。以下は、レベル20~30におけるクイーンの、施設カンストの村における完全破壊射撃回数である。

アーチャークイーンのレベル 完全破壊射撃回数
20 488
21 470
22 456
23 448
24 436
25 429
26 424
27 418
28 411
29 397
30 380

 

有効射撃回数は全壊アタック毎に異なるものであるから、「レベルいくつの時は何回だ!」とは決められない。そこで、『ここ最近、筆者が所属するクランでのクラン対戦で、こちら側もしくは相手側のクイヒーを用いた全壊アタックでの有効射撃回数がいくつであったか』というデータを19個得た。その結果は、90、136、95、117、115、154、100、107、88、87、80、97、78、96、127、113、146、144、92で、平均値は108.5と算出された。

 

この平均値108.5と上述の完全破壊射撃回数の値を用いてレベル20~30のクイーンのクイヒー貢献度を算出すると以下の通りであった。

アーチャークイーンのレベル クイヒー貢献度
20 22.2
21 23.1
22 23.8
23 24.2
24 24.9
25 25.3
26 25.6
27 26.0
28 26.4
29 27.3
30 28.6

 

これより、レベル30のクイーンについてもクイヒー貢献度は3割に満たない程度であることが分かった。

 

今回はレイジやクロークでのダメージ上昇を考慮しておらず、また援軍処理やヒーロー処理を含めなかった為、実際の全壊アタックにおけるクイヒーの貢献度はこれよりも大きな値をとる、というのは十分考えられるが、クイヒーを利用した全壊プラン構築において、「クイヒーにはどの範囲を担当させるか?」の検討の一助となれば幸いである。

yumisaki

yumisaki