CWL S2のスケジュールとリーグ詳細が公開へ

CWLシーズン2のスケジュールと、カンファレンス及びディビジョンが発表された。

 

CWLの公式アカウントがTwitter上で伝えている。また、実際のスプレッドシートはこちらから見ることができる。

シーズン開幕は3月17日(日本時間3月18日)で、全11回の対戦を毎週末に行う。途中で2週休みが入るため、最終戦は6月9日(日本時間6月10日)となる。

CWLはリーグ戦ではあるが、総当たり戦ではない。32チームあるのに11回しか対戦を行わないのはそれが理由だ。理解するにはリーグのカンファレンスとディビジョンの説明が必要だろう。

まず、Invite/Premire/Rising/Liteの各リーグはそれぞれ2つのカンファレンスに分かれ、さらに各カンファレンス内で4つのディビジョンに分かれている。各ディビジョンには4つのクランが所属する。乱暴に絵にまとめると以下のようなイメージになる。

リーグでの11回の対戦のうち、3回がディビジョン内の対戦、4回がカンファレンス内の対戦、4回がカンファレンス外の対戦。ディビジョン内だけは総当たりとなる。

プレーオフへは各カンファレンスからディビジョン1位の4クランとワイルドカード枠の4クラン、計16クランが進出する。プレーオフ進出をつかむには、まずはディビジョンチャンピオンを目指すのが早道だ。

つまり、対戦の重要度はディビジョン戦>カンファレンス戦>ノンカンファレンス戦の順になる。もちろん、戦績の状況によって左右されるため一概には言えないが、ノンカンファレンス戦よりもカンファレンス戦のほうが、カンファレンス戦よりもディビジョン戦のほうがライバルを直接蹴落とすチャンスになる格好だ。

その点を踏まえてグループ分けを見てみるとより面白いだろう。日本勢が戦う相手はどんなクランなのか。メンバーはさっそく調査しなくてはならないかもしれない。戦いはもう始まっている。

アチャコ

アチャコ